page top
文法表
1992

1. この花、へんなにおい [が]します。

2. 朝起きて外を[見ると]、雪がふっていました。

3. 「先生、私が荷物をお持ち[します].」

4. 日曜日出勤する[かわりに]、明日は休ませてください。

5. 家族と相談した[うえで]、ご返事します。

6. 「禁帯出」とは、外に[持ち出しては]ならない、という意味である。

7. 暑く[なった]とたん、ビールの売れ行きがよくなった。

8. 都市では、人口の増加[とともに]、住宅問題が深刻になってきた。

9. 最近、公害を出す企業[に対する]批判が強くなっている。

10. 日本に来る外国人の数は[ふえる]一方のようだ。

11. 読む[たびに]、違った印象を受ける本があ

12. 一人でやると言った以上、他の人には頼[めない].

13. 我々は、彼のした無責任な行動を見逃す[わけ]にはいかないのである。

14. 年をとった[せいか]、朝早く目が覚めてしまいます。

15. この薬は、8時間[おきに]飲んでください。

16. 電車に[乗ろう]としたが、こんでいて乗れなかった

18. 困った[ことに]、相手の名前がどうしても思い出せなかった。

19. 時間に正確な彼女のこと[だから]、もうすぐ来ますよ。

20. 新聞に名前[さえ]出なければ、問題は起こらないだろう

21. いくら話し合ったところで、この問題を解決することは[できません].

22. 親が頭がいいからといって、子どもも必ず頭がいいとは[かぎらない].

23. 日本では、大学の試験は、ふつう2 月から3 月に[かけて]行われる。

24. 出張で大阪に行った[ついでに]友だちの家に寄ってみた。

25. この本によると、昔ここにお寺があった[ということ]だ。

26. たとえ[貧しくても]、親子いっしょにくらせるのがいちばんだ。

27. 体に悪いとしりながら、タバコが[やめられない]人はまだまだ多い。

28. 両親が元気な[うちに]、新しい家でも建ててあげようと思うのだが…。

29. 桜の種類は、昔はあまり多くなかったが、今[では]、300 種以上ににもなっている。

30. 地球の表面積は5億平方キロメートルで、日本の千倍以上[も]の広さがある。


1993

1. 彼が手伝ってくれた[おかげで]、仕事がだいぶ早く終わった。

2. 父親の死を知らされて、悲しみの[あまり]、寝込んでしまいました。

3. 私は子どものころ、大きくなったら世界旅行をしたい[もの]だと思っていた。

4. 火事が起こると、このドアは自動的に閉まる[よう]になっています。

5. 仕事をする[一方で]、遊ぶことも忘れない、そんな若者が増えている。

6. 田中さんの父親[を通じて]、A社の社長にインタビューを申し込んだ。

7. 今は食事の[最中]だから、タバコは遠慮したほうがいいですよ??

8. まだ3月のはじめなのにとても暑い。まるで夏になったかの[ようだ].

9. 困っているときにあの人に助けてもらって、涙が出る[ほど]ありがたかった。

10. こんなむずかしい問題はだれにも答えられる[わけがない].

11. 来週のスケジュールが[決まり]次第、連絡してください。

12. お父さんの病気はすぐによくなるから、君は何も心配する[ことはない].

13. 彼に成功をもたらしたものは、日々の努力[にほかならない].

14. 息子が大学に合格して、うれしくて[ならない].

15. 娘の結婚相手は、私が思った[とおり]の人だったので安心した。

16. この問題に[ついて]はもう少しみんなでよく考えてみてください。

17. 考えれば考える[ほど]、解決方法がわからなくなることがある。

18. 国の経済が発展する[にしたがって]、人々の暮らしもよくなってきた。

19. 乗り物の中では、若者は老人に席をゆずる[べき]だ。

20. 夜中にアパートで騒いでいたら、「うるさい。静[かに]しろ。」と怒られてしまった。

21. (教室で) ご相談したいことがあるんですが、先生の研究室に[うかがっても]よろしいですか。

22. 田中先生、最近先生が[お書きになった]ご本のことで、おうかがいしたいんですが。

23. 暖かくなって[まいりました]が、いかがお過ごしでしょうか。

24. 「じゃ、私、お先に失礼[させて]いただきます。」 「あ、おつかれさま。」

25. わたしは彼女にいろいろ親切にしたつもりなんですが、感謝されるどころか、[うらまれました].

26. わが国には、働く意欲や能力がありながら、仕事に[つけない者もいる].

28. 最近、出生率の低下からいろいろ問題になっているが、この問題は、日本のみならず、 [ほかの国にもあるようだ].

29. いくらお金がたくさんあるからといって、[使いすぎるのはよくない].

30. 現在の私たちにとって、もっとも重要なのは、地球の環境を守ることであろう。自分と関係がないと考えずに、自分の問題[として]、この問題を考えることが求められている。

31. 息子はA大学に進学することを希望している。しかし、今の息子の学力ではとても無理だから、別の大学を[受験させるしかない].本人の希望とは違ってもしかたがないことだ。

32. あの人、日本に3年もいた[くせに]、日本語であいさつもできないんだよ。まったくあきれちゃうよ。

33. わたしには、世界のあちこちに友達がいて、絵葉書を送ってくれる。そういう絵葉書を壁にはり始めたところ、それが、いつのまにかものすごい数になった。今や壁という壁が絵葉書[だらけ]になってしまった。


1994

1. こんなにごちそうがならぶと、とても食べ[きれ]ません。

2. 試験に合格するには、がんばる[しか]ない。

3. ふるさとの母から届いた手紙を読[んでいる]うちに、思わず涙がこぼれた。

4. 自分のことだけではなく、相手の立場に立って考えることのできる人、それが大人という[もの]です。

5. 私も留学していたことがありますから、あなたの苦労がわからないこと[も]ありません。

6. 景気が悪くて、ここ数年、失業率は[あがる]一方だ。

7. 日本をおとずれるなら、9月から10月にかけての時期をお勧めします。

8. 困っている人を見たら、助けず[には]いられない。

9. 彼は、タクシーの運転手[にしては]道を知らない。

10. 有能なA君のこと[だから]、きっといい仕事をするだろう。

11. 日本語は、勉強すれば[する]ほど難しくなるような気がする。l

12. 天気[さえ]良ければ、よい旅行になるでしょう。

13. 実際に自分で読んでみて[はじめて]、古典のおもしろさを知った。

14. 先生の講義が終わるか[終わらない]かのうちに、ノートや教科書を閉じてかたづけはじめる学生もいる。

15. 疲れたときは、[寝る]に限ります。

16. 若く見えるので学生だと思って[話し]かけてみたら、実は先生だった。

17. 「開会[に]あたり、社長からおことばをいただきたいと思います。」

18. 環境問題の解決策を[めぐって]、熱心な議論が続いている。

19. その子どもは、お医者さんや看護婦さんの拍手の中[を]退院していった。

20. もともと勉強する気がないのなら、大学を受けて[みた]ところで何の意味があるのか。

21. 子どもにもわかる[ように]、私はやさしいことばで説明しています。

22. あなたからこの書類にサインを[もらう]までは、ここを動きません。

23. 「今度の旅行では、珍しい本を手に入れたんですよ。ちょっとお見せ[しましょう]か。」 「それはぜひお願いします。」

24. 長いことごぶさたしておりましたが、いかがおすごしでしょうか。一度、お目に[かかり]たいと思っておりますが、なかなか時間がなく、失礼しております。

25. 彼は以前オーストラリアに住んでいただけあって、さすがにこの国のことをよ[く知っている].

26. どんなに一生懸命働いたところで、生活は楽に[ならないだろう]と思う。

27. あまり将来のことを考えずにこの仕事を選んだばかりに、今[苦労ばかりしている].

28. マラソン大会に出場するからには、よく練習をして42.195km を[走りぬきたい].

29. わたしの好きな作家は今年80歳になります。実際に会う機会があったんですが、年齢のわりには、[若くみえました].

30. 日本の企業に就職が決まった以上、日本語をマスタ[ーしなければならない].

31. 文章を書くということは、何かを表現することであり、自分は何を表現したいのか、それをはっきり[させないことには]、何も書けない。

32. わたしは子供のころから物事を決めるのが遅くて、ずっと悩んできた。たとえば、友だちに旅行にさそわれても、[行きたくないわけではないが]、すぐに返事 をしないで、いろいろ考えているうちに時間がたってしまう。いつのまにか友達もあきらめ、旅行はとりやめになてしまい、残念に思うことが多い

33. 商品というのは、店に並べておくだけで、それを買う人がいなければ、商品として成立しない。とすると、高すぎて品物が売れない場合には[値下げせざるをえない].そうすることによって、その品物の買い手が見つかり、その結果はじめて商品になるのだ。

34. 子の作品は、実際に起こった事件の記録に[基づいて]描かれており、その内容が非常に感動的だったので、多くの人たちに強い印象を与えた。


1995

1. 彼は家族[とともに]、シンガポールに行くことになった。

2. あの医者の[おかげで] 、命が助かった。

3. 木村さんは旅行に行く[たびに]、おみやげを買ってきてくれる。

4. この仕事は、忙しくて大変な[わりに]、 給料があまりよくない。

5. いつの時代でも若者に[よって] 、新しい流行がつくりだされる。

6. あの人なら、そのようなひどいことを[やりかね]ない。

7. あの選手は子供のころ、サッカーに[限らず]、スポーツならなんでも得意だったそうだ。

8. たばこは体に悪いと[知り]つつも、つい吸ってしまう。

9. 仕事で京都に行った[ついでに]高校時代の友人に会ってきた。

10. この手続きは、面倒な[うえに]時間もかかるので、皆がいやがっている。

11. 先日起きた事件[ほど]人々に恐怖感を与えた事件はないだろう。

12. この店では、特にお客に[対する]言葉づかいや態度に注意をはらっている。

13. A さんは会社をやめた理由を病気のためだと言っているが、たんなる口実[にすぎない].

14. もう酒は飲まないと決めた[以上は]、どんなに誘われても絶対にそれを守りたい。

15. 大都市にはごみ処理をはじめ、地震対策、交通渋滞など、さまざまな問題がある。

16. スケジュールがつまっているが、兄が結婚するので、国に[帰れる]ものなら帰りたい。

17. この試験は、年齢[を問わず]、誰でも受けられる。

18. 今、対策をたてないと大事故につながる[おそれ]がある。

19. これだけの少ない予算で作る[としたら]、 せいぜいこれぐらいの料理しかできない。

20. どの大学に留学しようかと、さんざん悩んだ[あげく]、A 大学に決めた。

21. 何度も失敗をすると、また失敗をするのではないかと[考え]がちになる。

22. 今回の旅行を楽しみにしていたが、母が急に入院したので、行くのを[あきらめ]ざるをえない。

23. 先生、この本をあさってまでお借り[しても]よろしいでしょうか。

24. 「課長、きょうは熱があるので、[休ませて]いただきたいのですが。」「はい、わかりました。じゃ、おだいじに。」

25. 初めてケーキを作ったにしては、[上手にできましたね].

26. もう9 時を過ぎているが、この仕事を終えるまでは[帰るわけにはいかない].

27. ちょっとスーパーまでと出て行ったきり、彼女は[帰って来なかった].

28. 3 日でレポートを書くとは言ったものの、3日では[とても書けなかった].

29. 大都会は危険だと言われているが、ここは夜遅く一人で歩かないかぎり、[安全である].

30. 日本に来てしばらくは、国へ電話はかけるまいと思っていたが、今日はさびしくてたまらず、つい[かけてしまった].

31. 先週は試験勉強[どころではなかった].毎日、送別会や歓迎会で夜遅くまで帰れなかった。

32. 急に雨が降ってきた。かさも持っていないし、荷物もたくさんある。これではタクシーに乗る[しかない]だろう。電車に乗りたくても駅は遠いし、他に方法がない。

33. 東京は土地の値段が高く、普通のサラリーマンが自分の家を持つことはかなりむずかしい。家を買えるとしても、それは通勤に不便な場所[になるだろう].

34. 米国の心理学者によると、新しい環境に慣れるのに20歳で平均6 ヶ月、30歳で1 年、40歳では3年かかるが、19 歳以下だと3ヵ月[しかかからない]そうです。つまり、若ければ若いほど早いと言えそうです。


1996

1. 試験の[あいだは]静かにしてください。

2. アパートは部屋の中を見た[うえで]借りるかどうかを決めたい。

3. お借りした本を楽しく[読ませて]いただきました。

4. 天候に[かかわらず]あすの午後2時から試合を行います。

5. 電話帳で調べた[ところ]そういう名前の会社はなかった。

6. 目的に[むかって]まっすぐに進んでいるときが幸せな時だ。

7. 冗談[ぬきで]まじめに考えてください。

8. 家にばかりいないで映画でも見に行こう[じゃないか].

9. きょうは卒業式なので妹が私に買って[くれた]スカーフをして行こう。

10. ここでお待ち[になって]ください

11. この仕事を引き受ける[からには]全力でやろう。

12. 水道代は一ヶ月に[つき]3000円かかります。

13. 市役所では市民の生活に[かかわる]さまざまな相談に応じている。

14. 諸外国に[くらべ]日本は一人が出すごみの量が多い。

15. みなさんのご希望に[おうじて]商品を生産していくつもりです。

16. 日本の6月は1年でいちばん日が暮れるのが遅くて、7 時に[なっても]暗くなりません。

17. 今、そこで地震のニュースを聞いた[ばかり]です。

18. 説明を聞いたから[といって]すぐにできるというものでもない

19. 花づくりはわたしに[とって]一番の楽しみである。

20. 都心の人口増加に[ともなう]住宅問題は深刻化している。

21. 人類は長い年月に[わたって]努力を重ね、ついに月への飛行に成功した。

22. 候補者の中で国民の意思を代表する人はあの人を[おいて]ない。

23. 多くの人が不可能だと思っているにもかかわらず、あの人は新開発のための研究を[あきらめようとしない].

24. 安い皿は割れやすいというが、高い皿にしたって[同じようなものだ].

25. 病気の時まっ先に見舞いに来てくれたのは、彼の友情のあらわれに[ほかならない].

26. 労働条件の変更について会社から説明を受けたが、私はどうも納得[しかねる].

27. 山田さんとの約束では、3時までに東京駅に[行くことになっている].

28. いくら丈夫でも、こんなに働かされては平気でいられる[わけがない].

29. 大学を卒業した後どんな職業につくべきか、迷っている。会社員になるか、[それとも]学校の先生になるかだ。

30. 彼は勉強がきらいだった。授業中はあくびばかりしていた。しかし卒業に際[して]先生との別れをいちばん悲しんだのは彼だった。

31. 彼は夕食前にいつもこの公園を散歩する。どんな天気でもこの日課を変えることはない。晴れた気持ちのよい日は[もとより]、雨の降る寒い日でも同じ道を歩いている。

32. 電話というものはいろいろと便利だが、困ることもある。[たとえ]一人で静かにしていたいと思うときでも、遠慮なく私を呼び出すのだ。

33. 社長は常に会社の状況をつかんでおかなければならない。いい[につけ]悪い[につけ]、現状を報告させる必要がある。


1997

1. もう3年も国に帰っていないので、両親に会いたくて[ならない].

2. いそがしくて、休みをとる[どころか]食事をする時間もない。

3. あんな高いレストランには2度と行く[ものか].

4. 環境の問題を[めぐって]参加者から多くの意見が出された。

5. さすが学生時代にやっていた[だけあって]今でもテニスが上手だ。

6. いっしょうけんめい練習[したのに]、マラソンの選手に選ばれなかった。

7. 彼女は一番行きたかった大学に合格し、うれしさの[あまり]跳 び上がった。

8. たとえ仕事が[つらくても]あまり文句を言わないほうがいい。

9. あわてたところを[みると]、彼は事実を知っているにちがいない。

10. あの子はあまり食べられない[くせに]ごちそうをたくさん皿にとりたがる。

11. あのマンションは若者[むけに]設計されています。

12. 夏休みも残す[ところ]あとわずかになった。

13. 部長と課長は何かと[いうと]意見が対立する。

14. 2 メートル[もあろう]かと思う大きな男の人が玄関先に立っていた。

15. 時間がたつに[つれて]パーティーはにぎやかになってきた。

16. わたしはこのごろからだの調子もよくなり、何でもおいしく[いただいて]おります。

17. このことはあなたにはわかって[いただける]と思っていました。

18. 看板は遠くからでも見える[ように]大きく書きます。

19. おうちに帰られたら、お父様によろしく[おつたえ]ください??

20. 母は料理に[かけては]だれにも負けない自信がある。

21. あの悲しい事件は[わすれよう]としてもわすれられません。

22. あの人は外国人だということを[かんじさせない]ほど日本語がじょうずだ。

23. 父は、普通ならとっくに引退している年齢だが、年をとっている[わりには]元気だ。

24. いつも静かでやさしいあの人がそんなことを言ったなんて、ちょっと信じ[がたいことだ].

25. 私は忘れっぽいほうなので、こんな所に傘を置いておくと、帰りにまた忘れ[かねない].

26. ぜんぜん自信がなかったのに優勝できたので、[うれしくてたまらない].

27. まだまだ時間があるからだいじょうぶだと思っていたかけれど、この渋滞では約束の時間に[間に合いそうもない].

28. 彼は確かにりっぱな人だと思うが、この点に関してだけはどう見ても間違っていると[言わ][ざるをえない].

29. 彼はクラスのみんなから信頼されている。責任感が強い[うえに]いつもほかの人の身になって考えるからだ。

30. 今日の音楽会はすばらしかった。私の聞いた[なか]では、今までで最高の演奏だった。

31. そんなにうるさがってはいけません。あなたのことを思っている[からこそ]いろいろと注意するのですから。

32. 何回も話し合ってみんなで決めたことだ。決めた[からには]成功するようにがんばろう。

33. 「今日はみんなでレストランへ行って食事をしよう。」何を思ったのか、父が急にそんなことを言い出した[ものだから]みんなおどろいてしまった。


1998

1. おとといから今日に[かけて]ずっと雨が降り続いている。

2. 医学が進歩するに[したがって]平均寿命延びた。

3. パーティーの場所を聞いた[ばかりに]、手伝いを頼まれてしまった。

4. 医者の話によると、この病気はすぐによくなると[いうもの]ではないらしい。

5. 山田さんは書物が大好きで、技術者と[いうより]学者といった方がいい。

6. 新年を迎えるに[あたって]、1年の計画を立てた。

7. これまでの研究に[もとづいて]レポートをまとめた。

8. 頼み方[次第では]あの人もこの仕事を手伝ってくれるかもしれない。

9. 熱がある[せいで]何を食べてもおいしくない。

10. 窓を開けた[とたんに]小鳥が外へ逃げてしまった。

11. 最近は職場だけでなく家庭に[おいても]パソコンが使われている。

12. たった三日の旅行に[せよ]、準備は必要だ。

13. この布は見ずに強い[反面]、熱には弱い。

14. テーブルの上においた読み[かけ]の本を母がかたづけてしまった。

15. 先日、病気[がち]のおばを見舞いに行った。

16. 山川さんは20年間休む[ことなく]会社に通った。

17. その小説は、年齢や性別を[問わず]、多くの人々に読まれている。

18. もう起きなければと[思いつつも]、なかなか起きられない。

19. 学生の希望に[こたえて]、図書館は夜10時まで開けられることになった。

20. ポケットにはハンカチ[やら]ガム[やら]が入っている。

21. 試合の結果はともかく、最後までみんなよくがんばった。

22. 彼がその知らせを受け取ったときの顔といったら、[たとえようがない]ものだった。

23. まじめなあの人のことだから、時間どおりに来る[に違いない].

24. これが口で言うほど簡単なことかどうか、まず自分でやってみる[ことだ].

25. デパートで火事があったが、客は逃げて全員無事だったと[いうことだ].

26. あの選手はいままでだれにも負けたことがないから、優勝するに[決まっていますよ].

27. 雨が降っているので、残念だが今日の遠足は延期する[ほかない].

28. 先月バイオリンのコンクールで一位になっていからお祝いの手紙をたくさんもらったが、忙しくて返事が[書ききれない].

29. 午前中は文法を勉強する。午後は会話[を中心に]勉強することになっている。

30. 山本さんが難しい試験に合格した。ご両親[をはじめ]、先生がたも喜んでいらっしゃる。

31. けさの天気予報では午後から晴れると言っていた。ところが、予報に[反して]雨が降り続いている。

32. 今までにない型の伝染病が各地に広がっている。くわしい調査をしない[ことには]、政府も対策がたてられない。

33. 近ごろ国際交流がますますさかんになっている。外国文化の情報が増える[一方だ]が、それは自分の国のことについて考えるきっかけにもなっている。


1999

1. 事態がこうなった[うえ]は、もう彼一人には任せてはおけない。

2. 彼の取った態度は、わたしには十分理解[しうる]ものであった。

3. 少年時代に戻れる[ものなら]戻ってみたい。

4. 妹は、今勉強を始めたかと[思ったら]、もう今でテレビを見ている。

5. 赤いドレスの女性がほほえむと、美しい花が開いたかの[よう]だった。

6. 現状[から言って]、直ちにその計画を実行するのは無理だ。

7. 山田先生の授業は、試験を受ける[かわりに]レポートを出してもよいことになっている。

8. テストでこんな点しか取れないなんて、くやしくてなきたい[ぐらい]だ。

9. ごぶさたしておりますが、先生にはお変わりなくお過ごしのこと[と存じます].

10. 都心では子供が少なくなってきている[こと]から、学校の数もへりつつある

11. 興味深い[ことに]、昔のおもちゃが再び流行しているそうだ。

12. 館内を[見学する]際には、写真さつえいはご遠りょください。

13. このブラウスは、きぬなのかナイロンなのか、見かけ[じょう]区別がつかない。

14. 会場の問い合わせをした[ところ]、地図を送ってくれた。

15. 勉強中、眠くて[しょうがない]ときは、濃いお茶を飲むといい。

16. 電話番号[さえ]わかればいいので、住所は書かなくてもいいですよ。

17. お忙しい[ところを]わざわざおいでいただき、恐縮でございます。

18. 一日中やっても一匹もつれなかったから、もう魚つり[なんか]行きたくない。

19. 新薬の輸入[にさきだち]慎重な調査が行われている。

20. 明るいうちに[帰らないと]、この辺りの夜道は迷いやすいですよ。

21. 彼は英語[ばかり]か、フランス語、ドイツ語、そして中国語も話せるそうだ。

22. 彼は、性格は別として、絵の才能には見るべき[ものがある].

23. 教育制度も社会の変化にあわせて変えなければならないが、変えた方がよいところとそうでないところについて、さらに検討する[べきだ].

24. 私は最近新しいアパートに引越したが、駅の近くだから便利だろうと思ったら[そうでもない]

25. 森の動物たちの映画を見て、親子の愛情[に心を打たれた].

26. 面接試験ではどんな質問が出るのかと聞かれたが、そのようなことを聞かれてもちょっと[答えかねる].

27. できることはすべてやったのだから、期待された結果が出なくてもあなたが誤る[ことはない].

28. 「だいじょうぶ」と本人は平気そうだったが、周りの人たちはみんな心配[しないでいられな][かった].

29. 今日は時間がありません。あいさつは[抜きにして]さっそく会議を始めましょう。

30. 「山本さんは遅いですね」 「ええ。でも、まじめなあの人[のことだから]必ず来ますよ。」

31. もうしばらくお待ちいただけますか。ご注文の品が入り[しだい]、ご連絡します。

32. 今年は水不足になりそうだ。先月の初めに[降って]以来、ずっと晴れの日が続いている。

33. ピクニックの日の朝、娘はとてもうれしそうにしていた。「いってきます」と言い終わるか終らない[かのうちに]玄関を飛び出していった。

34. ことばは生き物であると言われている。時代の移り変わり[とともに]、語の形や意味が少しずつ変化する。


發表留言

只對管理員顯示


引用
引用 URL

© Ipnatural. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG